banner

日本における予備校の歴史

banner 戦後の高度経済成長期がその始まりでは、と思われる予備校ですが、その歴史は意外と古いものになります。昭和・大正を飛び越え、なんと明治時代にまでさかのぼります。政府により明治5年に学制、明治12年には教育令が制定され、旧制高校・旧制専門学校が設置されたのがきっかけです。それ以来およそ140年、さまざまに変遷しながら、その歴史を重ねています。最も古いのは、研数学館や駿台予備校になります。戦前は一般に浸透していなかった大学受験の大衆化が始まったのは、戦後の高度経済成長期。ここで、大手予備校が急成長する下地が出来て行きます。そして、1970・1980・1990年代前半頃の受験バブル時代に、その繁栄の時期を迎えます。しかし、バブル経済の崩壊や少子化による影響によって、栄華を極めていた業界も、倒産・閉校・規模の縮小を余儀なくされ現在に至ります。それでも、依然として「難関校」と呼ばれる大学の一般入試がある限り、予備校は存続し続けて行くでしょう。

SKMコンサルタントとは

半田晴久について

ワールドメイトについて

ワールドメイトについて

ワールドメイトについて

予備校 歴史情報一覧

banner 予備校とは学校試験や資格試験など各試験を受験する者に、その者が合格するよう知識や情報を提供する教育施

予備校の現在までの歴史

banner 予備校と聞くと、一般的に高校生や浪人生が大学受験するために勉強する機関としての認識が高いですが、司法

大学受験だけが予備校ではありません。

banner 予備校と言うと以前は浪人生のためのものと言うイメージが非常に強かったと言えます。それもそのはずで、以

予備校は多くの方に利用されています。

Copyright(c) 予備校 歴史 All Rights Reserved.